暮らしのこと

相続_遺産分割前の預貯金払い戻し制度について

民法改正(相続):預貯金の払い戻し制度

2019年7月1日より、相続発生時の預貯金の払い戻し制度が施行されました。

【Point】

預貯金が遺産分割の対象となる場合に、各相続人は、遺産分割が終わる前でも

一定の範囲で預貯金の払い戻しが出来ようになりました。

(法務省HPより引用)

 

死亡した方の財産は、預貯金も含めて相続の対処となるため、銀行などの

金融機関は、預金者の死亡を確認すると、その預貯金を凍結すると聞いたことが

あると思います。

この制度が緩和され、遺産分割の前でも、「単独の相続人による預貯金の

払い戻し制度」により、単独の相続人からの依頼で個人の預貯金を、

一定の範囲で引き出せるようになりました。

【一定の範囲とは】

預貯金の額(口座基準)×3分の1×当該相続人の法定相続分と、

一金融機関で上限150万円が支払限度額となります。

 

しかし、あくまでも、相続が確定する前の段階で必要な必要諸経費に

充当出来るようにした制度です。遺産分割協議の際に相続人全員で話し合い

全員の合意の上で後日清算することになりますので、争いごとの種に

ならないように、他の相続人に声をかけてから使用した方が良さそうです。

 

7月1日には遺留分制度の見直しなどの法改正も同時に施行されています。

法務省が発行している下記パンフレットもご覧ください。

http://www.moj.go.jp/content/001285654.pdf